PROGRAM

サステナビリティ・テックラボ

海から持続可能な未来を紡ぐテックアントレプレナーシップ in シンガポール

国旗
中学生高校生大学生 グローバルで活躍できる人材に テクノロジー環境問題サイエンス シンガポール

サステナビリティで世界をリードするシンガポールを舞台に、テクノロジーで環境問題を解決する力を身につけませんか?
“アジアの未来を担う若手リーダー“に選出された社会起業家から直接学び、あなたのアイデアを形にする本プログラム。
SDGs14の目標でもある「海と海の資源」をテーマに国際的なリーダーや同じ志を持つ仲間と、持続可能な社会に向けたアクションを作り上げましょう!

お知らせ
■1/31まで新春キャンペーン!
Amazonギフト券5,000円分プレゼント
対象:説明会アンケートに回答し本申し込みされた方全員
*過去にアンケート回答した方も対象

DATE

プログラム開催日(現地日時)

2024年3月24日(日) 〜 2024年3月30日(土)

※現地空港集合・解散

\シンガポール個別説明会公開中/
 

 

アイコン
一言体験談

起業家の人たちや、環境問題に取り組む人たちとも出会い、自分の将来への視野も広がりました!



Guild

このプログラムはこんな方にピッタリ!

  • 実践でテクノロジーの力を使えるようになりたい
  • 学んだことを活かして問題を解決する体験をしたい
  • 環境や海洋汚染、食料危機を持続的に解決することにチャレンジしたい
  • テクノロジー最先端の国を体感してみたい
  • 尊敬できる、メンターとなる存在を見つけたい
  • 安心・安全な国でチャレンジしたい

写真:Eco-Ark(todayonlineより引用

 

テクノロジーで社会や環境にインパクトを生む人へ!


気候変動、海面上昇、食料問題。世界はいま、人間が住み続けられるかいなかの分岐点にあります。


そんな世界で、テクノロジーこそが社会課題の解決に不可欠な存在になり、今後もその重要性は高まっていきます。


大切なことは、テクノロジーの知識があるかではなく”テクノロジーを問題解決に使えるか”です。

その力をどのように世界や自身のキャリアにつながるのかを実践の中で体感することで、将来のイメージを明確にすること。


世界の最前線でトップランナーとして活躍するリーダーの言葉を聞き、ともに活動し対話することでその一歩を踏み出しましょう!

起業家たち

このプログラムの魅力

テクノロジーの面白さと自分の軸が分かる

 

環境保護や海洋汚染をテーマに、現地チームや参加者と共に、テクノロジーを駆使して自分たちのプロトタイプを作り上げる超実践型プログラムです。


テクノロジーに強くなくても大丈夫。その場で習得できるシンプルなプログラミングを実践したり、興味関心に沿ったクラスを受けることも可能です。


また、世界トップクラスのプロフェッショナルたちとの活動や対話を通じて、いま自分に必要なアクションが分かります

 

 

自分の好きな領域で社会に貢献する方法がわかる

 

数学、化学、物理、生物、情報テクノロジーなどを学んだ先に何ができるのか、自分の目で確かめてみましょう。


皆さんが学んでいることが、現実社会にどのように価値を届け、役に立つことができるのかイメージできるようになります


プログラムの過程で新たな価値観を習得し、これからの未来を切り拓くために必要な”協働して創造する力”を身につけましょう。

 

Guild three members

プログラムで体験できること

アジアトップクラスの起業家の本気のレクチャー!

今回のプログラムでは特別に、アジアの未来を担う若手リーダーに選抜されたイブヌール・ラシャドさんがプログラムを運営してくださいます。
世界で活躍する起業家から、最新のサステナビリティの動向やイノベーションを起こすための思考方法、実践までの手法を直接伝授いただきます。

Guild クラス2

世界初のテクノロジーを使った海洋浮遊方養殖漁場施設の視察

今回は世界初海洋浮遊型養殖漁場ハイテクスタートアップ、Eco Arkを視察予定です。
他国からの食品輸入に依存しているシンガポールにて、食糧危機や海を救うイノベーションとして注目されているEco Ark。
同国の海洋養殖場における生産量最低基準の約20倍となる年間166トンを生産しながらも、太陽エネルギーや排水など環境にも気を配り、安全な魚を食卓に届ける革新的なテクノロジーや仕組みを目の前で見て学ぶチャンス!
(写真:eco-ark公式HP)

eco-ark-with-rainbow-1024x642_ZVwI

チームでテクノロジーの力を活かした問題解決プロセスの実践

社会問題をテーマに、チームで問題を解決するためのイノベーションのプロセスを体感しましょう!
ハッカソン*と呼ばれるこの体験を通じて、自分のアタマで考える力や周囲と協力する力が身につきます。
ハッカソンとは*様々な知識や得意分野を持つ人々が集まりチームとなり、問題を解決するためのアイデアを作り上げていくプロセス。

leaders

帰国後にも自分のコミュニティでチャレンジが継続できる

現地滞在中だけがプログラムではありません。
渡航前には現地チームも交えた3回の事前研修があり、プログラム後には事後研修や、成果発表する舞台も用意しています。
現地での学びを生かし、仲間とともに自分らしいチャレンジを見つけましょう。

Guild meetup

現地PARTNER

イブヌールさん-1

シンガポールが生んだ
“アジアの未来を担う若手リーダー”

イブヌール・ラシャド氏

このプログラムを運営するのは、2020年に”アジアの未来を担う若手リーダー”に選出されたイブヌールさんです。

イブヌールさんは環境発明家、社会起業家でもあり、サステナブルな視野を持つ次世代リーダー育成に情熱を注ぐ教育者でもあります。

 

シリコンバレーで働き、各国のリーダーから頼られる存在

 

イブヌールさんはシンガポールの名門校Raffles Institution卒業後、シンガポール国立大学に進学し、シリコンバレーで働いた経験を持っています。

これまで、シンガポール政府、大企業(ロレアルやUOBなど)、アカデミア、各国のヤングリーダーと一緒に持続的な社会の実現に向けて、数々の研修を手掛けてきました。

 

Google社への就職を辞退した男

 

イブヌールさんはアメリカから帰国後、Google社への就職が決まっていたそうです。

しかし、「エンジニアやテクノロジーの力を社会を良くするために使っていきたい」という強い想いを持ち、Google社への就職を取りやめ、インベンションスタジオGUILD(Ground-Up Innovation Labs for Development)を立ち上げました。

今回は、参加者の皆さんとGUILDのスタジオ訪問のほか、シンガポール最先端の取組みを視察する盛り沢山のプログラムとなっています。

Why SINGAPORE?

シンガポール-1

あなたの知らないシンガポールの魅力

 

シンガポールといえば高いビルや金融街が有名ですが、それだけではありません。

旅行に行くだけでは知り得ない、シンガポールの魅力をご紹介します。

 

なぜシンガポールはサステナビリティの世界的リーダーになり得たのか?

 

現在のような先進的な国へと発展を遂げる一方、シンガポールは恒常的な水不足に悩み、水資源の多くを隣国マレーシアからの輸入に頼ってきました。

 

また、大量生産・消費・廃棄といった環境問題は淡路島程度の国土しかもたないシンガポールにとって重要な課題


そのため、世界中から関連企業の誘致、研究開発機関が入居する施設を設置するなど悩みを克服するための技術革新やテクノロジーによって、サステナビリティ関連分野で大きく成長してきたのです。

 

今回、訪問する「マリーナ・バラージ」も海水を淡水化する技術を活用した貯水池です。

 

また、海洋資源はシンガポールの食料供給源の一部を形成しており、水産業は守るべき重要な産業でもあるなか、太陽光発電など環境に優しいエネルギー利用を活用し魚を養殖するEco Arkの存在は注目を浴びています

 

Marina_Barrage_Closeup_300522

写真:マリーナ・バラージ(Wikipediaより引用

 

なぜシンガポールには世界TOPクラスのリーダーがいるのか?

 

シンガポールは他国に比べ、国土が狭く、資源が豊かな国ではありません。

そのため人材こそが資源という認識から、国が率先してテクノロジーや経済政策、エリート教育に力を入れてきた背景があるのです。

 

今回訪問するシンガポール国立大学も、世界屈指の名門校で有名です。

 

環境問題をリードするシンガポールの取り組みを自分の目で確かめ、あなたも自分の手で解決策を考えてみませんか?

 

Guild クラス

GUILD Asia Facebookページより

 

アジアの頭脳と才能が集まるシンガポールの若きリーダーと一緒に学んでみませんか?

VOICE

スクリーンショット 2023-11-08 16.40.59

参加者の声

2023年夏参加者

今回の旅で何を感じましたか?


SDGsの活動をされている方々のお話を聞いてすごい情熱を感じたときに考え方が変化しました。

 

シンガポールは日本よりも経済成長率が高く日本より「進んでいる」という意識はありましたが、日本は「越されている」というふうに考えが変わりました。

 

こんなにも情熱をもって地球の将来を考えている方がいることに驚き、それと同時に自分はSDGsについて何もわかっていないことを思い知らされました。

 

帰国後は、「この国はどういう国なのか、日本とどこが違ってどこを日本は見習うべきなのか」などを考えるようになりました。

 

また大人になって海外に行けばもう少し視点が変わるのではないかと思います。

SCHEDULE

プログラム日時/スケジュール

プログラム開催日(現地日時)

2024年3月24日(日) 〜 2024年3月30日(土)

※現地空港集合・解散

事前研修

第1回目:2024年2月19日(月)19:00-20:30
第2回目:2024年2月28日(水)19:00-20:00
第3回目:2024年3月8日(金)19:00-20:00

事後報告会

確定次第更新いたします。

スケジュール

事前研修

第1回目:2024年2月19日(月)19:00-20:30
内容:チームビルディングと目標設定(90min)・自己紹介・シンガポールとプログラム紹介・目標設定

第2回目:2024年2月28日(水)19:00-20:00

内容:GUILDとの対話(60min)・GUILDからプログラム紹介・GUILDメンバーとのQA対話

第3回目:2024年3月8日(金)19:00-20:00

内容:渡航準備(60min)・しおりの読み合わせ・渡航準備について

 

※参加推奨ですが、欠席する場合は録画でフォローアップしてください。

※Google meetで実施します。

 

現地研修

 

Day1

 

到着日。チェックインした後、ウエルカムディナー

 


 

Day2

 

AM:インベンションスタジオGUILDによるオリエンテーション&ミッション説明

インベンションスタジオGUILDのメンバーとオリエンテーション。その後、海や海の資源に関するミッションの説明を受け、チームとしての目標や個人としての役割を明確にします。

 

PM:マリーナ・バレージ訪問

 

Marina_Barrage_Closeup_300522

写真:マリーナ・バラージ(Wikipediaより引用

 

シンガポールの水害リスク軽減を担う貯水池でありながら、人々の憩いの場にもなっているマリーナ・バレージ。

グリーンルーフや風力タービンなど、持続可能な技術を間近で見ることができる絶好のチャンスです。ここからの景色は息をのむ美しさで、シンガポールのスカイラインを一望できます。

 


 

Day3

 

スクリーンショット 2023-11-08 17.24.57スクリーンショット 2023-11-08 17.25.12

写真:Eco-Ark(todayonlineより引用

 

AM:GUILDセッション: テクノロジー(e.g., マイクロビットやアプリビルディング)のクラスを履修

 

PM:Eco Ark訪問

世界初のテクノロジーを駆使したハイテク養魚場であるEco Arkを訪問します。

 


 

Day4

 

AM:GUILDセッション: ビジネス・マーケティングのクラスを履修

 

PM:プレゼンテーション準備

自分たちのアイディアやプロトタイプをまとめ上げ、発表に向け、準備を行います。スピード感をもって考えぬきましょう!

 


 

Day5

 

AM:NUS(国立シンガポール大学)のBLOCK 71を訪問

スタートアップや投資家が集まる東南アジア最大のインキュベーションハブBLOCK71は、最先端のアイデアが生まれる場所です。シンガポールの起業家精神と革新の中心地の雰囲気を感じられます。

、様々なバックグラウンドを持つ起業家たちから経験や知識を学ぶことができるヒューマンライブラリーも実施。

 

PM:プレゼンテーション本番&起業家からのフィードバック

あなたが考えたプランを発表します!あなたが真剣に考えれば考えるほど、本気のフィードバックがもらえるはずです。

 


 

Day6

国立博物館

写真:国立博物館(Wikipediaより引用
 

AM:国立博物館訪問

国の歴史と文化の宝庫である国立博物館へ。最新の展示からシンガポールの歴史的背景を学びながら、滞在中の学びをさらに深めます。

 

PM:マーライオン公園訪問

シンガポールにきたら外せない!シンガポールの象徴であるマーライオン公園で皆で記念撮影!

 

今後の未来に向けたリフレクションセッションを実施し、自分自身のさらなるイノベーションに向けて振り返り、今後のマイルストーンを考えます。

 


 

Day7

 

出国日

 

 

※プログラム内容は、より良くするために順番など変更となる可能性があります。

※天候や先方の急な都合で日時や内容の変更の可能性あります。

 

APPLICATION

募集要項/費用

募集要項

プログラム先国 シンガポール
プログラム先都市 シンガポール
最少催行人数 10名
プログラム日時 7日間
2024年3月24日(日) 〜 2024年3月30日(土)

事前研修
第1回目:2024年2月19日(月)19:00-20:30
第2回目:2024年2月28日(水)19:00-20:00
第3回目:2024年3月8日(金)19:00-20:00

事後報告会 確定次第ご連絡します
応募締切日 1月31日(水)
必要なスキル・資格 なし
※英語力は問いませんが、英語でコミュニケーションをとる意欲を持ってご参加ください。

費用

¥240,000円

※税込み

※分割でのお支払いをご希望の方はご相談ください。

※フライト代、ホテル代等は含まれておりません。

【オンラインで話を聞けます】

※プログラムの詳細な情報、費用、安全の不安など、オンラインでお話できます。
プログラム選びからスタッフが丁寧にお話しますので、こちらのページから30分ご予約ください。

 

スクリーンショット 2023-11-17 10.23.30

 

キャンペーン

■1/31まで新春キャンペーン!

Amazonギフト券5,000円分プレゼント

対象:説明会アンケートに回答し本申し込みされた方全員

*過去にアンケート回答した方も対象

 

申し込みボタン

 
\シンガポール個別説明会公開中/
 

 

短期集中プログラム 新サイトオープン (2)