LP作成 (3)-1

自分らしいチャレンジをする人を増やす目的で作られた、短期集中のプログラム。

 

海外のリアルな課題に向き合う経験を通じて、自分の世界を広げる体験ができます。

こんな方はまずは説明会にお越しください!親子参加も大歓迎!

  • 海外プログラムの詳細について聞いてみたい!
  • どんな雰囲気か知りたい
  • 興味はあるけど、本当に安全?

説明会ではこんなことが知れます!

  • 各プログラムの詳細・全体の流れ
  • 過去参加者の変化
  • 安全対策や費用
821ae98db4200ab3981cdc58b9601e89 (1)
説明会のあとには、個別相談もあるので気軽にお声がけくださいね!

\ 親子参加も大歓迎 /

オンライン説明会お申し込み︎

新しい出会い、やったことのない経験を通じて、自分らしいチャレンジを始める人が増えています!

938141e0c826b0fb3879f1e1925e76df

タイモブスクールが2分で分かるムービー!

 

利用実績 全国で107校を突破!

立命館宇治中学校・高等学校 / 青翔開智高校 / 新渡戸文化中学校高校 / 法政大学国際高等学校 / 昌平高等学校 / 宮崎県立飯野高等学校 / 長野日本大学中学校・高等学校 / 福知山成美高校 / 国際基督教大学高校 / 中村学園女子高校 / 高知国際高校 / 横浜創英高等学校 / 追手門学院中学校・高等学校 / 大阪学園大阪高等学校 / 城西大学附属城西高等学校 / ドルトン東京学園 中等部・高等部 他

※学校内で説明会を実施し、生徒に積極的に案内頂いている学校

学校ではできない企画内容」と先生からもご支持いただいています!

大手門学院中学校・高等学校(牛込紘太先生)

学校ではこれだけのものは準備できません。生徒のやりたい、やってみたいを広げる、生み出したいときに紹介しています。

新渡戸文化中学校・高等学校(高橋純司先生)

ホンモノと出会える,学べる,遊べる,スタディツアーです。

城西大学附属城西中学高等学校(佐藤聖先生)

学校の探求をベースに、さらにレベルアップしたいという生徒に紹介しています。

土佐塾中学・高等学校(野崎 浩平先生)

各々の生徒が行きたい・参加したいと考え、オーナーシップをもって参加できるプログラムだと感じました。

成城学園中学校高等学校(中村雅浩先生)

学校で予算をとる必要がなく、一人からでも参加できる点が良いと思います。

法政大学国際高等学校(波多野仁先生)

高校生対象のプログラムここまで「とがった企画はない」

51Xx05zf8nL._SX350_BO1,204,203,200_

"実践を通じた学び"を全てのひとへ

『挑戦する教室』著者が企画・運営責任者

中村寛大(タイガーモブ株式会社共同代表)

現在、全国約70校の中学校・高校へのカリキュラムや海外修学旅行を提供。年間約3,000人に挑戦する舞台を届けている。チャレンジャーであふれた世界をめざし、2022年に世界の最前線を舞台にした学校「タイガーモブスクール」を立ち上げる。「Learning by Doing(実践を通じた学び)」を軸に日本の学びを変革する実践家。

d0d3511c97b442095f764a8a72c4c512

過去参加者の声(高校2年生)

英語を実際に海外で使ってみて、意外と自分はできるということを知ることが出来ました

今までは英語を話すことに全く自信がなかったですが、自信をつけることができたと思います。また、プログラムに参加する前よりも英語を学ぶ意欲が上がりました

娘さまがカンボジアプログラム参加
まずやってみようと思えるようになった

語学の勉強だけでなく、日本ではできない経験をしてほしいと思いました。

帰国してからは、ポジティブ思考になりました。とりあえず、まずやってみようと思えるようになったと思います。

異年齢の方とお話ができ、先輩からの意見やアドバイスをいただけたことが本人にとってよかったそうです。また、他人からみた自分はこんな風に見えてるのか、と新たな発見もあったそうです

娘さまがバリ島のプログラム参加
行く前より自信がついた

一度も海外に行ったことがなかったので海外を体験させたかったのと、コロナ禍でさまざまな体験をさせてあげられなかったので、今、本人がやりたいことをさせてあげたいと考えておりました。

行く前より自信がついたと感じます。学校生活でも、自分から自主的な活動に積極的に参加し、いきいきしています。また、志の同じ仲間と助け合い、協力する楽しさを知った感じがします。最後のプレゼンを評価していただいたことも、かなりうれしかったようです。

\ 親子参加も大歓迎! /

オンライン説明会お申し込み︎

新しい出会い、やったことのない経験を通じて、自分らしいチャレンジを始める人が増えています!

3 (2)
LP作成 (8)
世界最前線での挑戦機会
10
ひとりからでも参加可能
11
世界中の仲間ができる
12
internship_img16465d16110b9d
森と教室で体感するフィンランド丸ごとサマーキャンプ
internship_img164380d8198746
ニュージーランドで宇宙×星空アドベンチャー!
internship_img164377a2c9c17f (1)
ドバイで、世界最先端と多様性を体験
internship_img1643890c2a6f31 (1)
インドで起業家と貧困の連鎖を断ち切るプロジェクト
internship_img16479392e03e5f (1)
南アフリカのサバンナで野生動物と野宿!
internship_img164793a174bf9c (1)
フィリピンの山岳民族の村でホームステイ

【重要】TMSに参加する前に理解して頂きたいこと

皆さんに最高の体験をしてもらうために、タイガーモブスクールでは2つの考えを大切にしています。

1. Learning by Doing


「実践を通して経験から学ぶこと」

 

2. 挑戦学習サイクル


慣れ親しんだコンフォートゾーンを一歩でる”トライ”から始まり、学びの抽出(振り返り)、次のアクション設定、を連続して実施すること。

つまり、タイガーモブはみなのチャレンジを後押しする組織です。

10

  • タイガーモブスクールでは、「いつもの慣れ親しんだ”コンフォートゾーン”」を一歩出る”トライ”を沢山してもらいます。
  • 楽しいことだけじゃない。苦しいことも。辛いことも。それも全部ひっくるめて自分の糧にする。そのために、振り返りも沢山します。
  • なので、参加者の皆さんには、「まず、自分でやってみる」ことを大事にしてほしいです。「全部やってもらえる」「与えてもらえる」ことはありません。
  • そして、保護者の皆様には、「子供にやらせてみる」「できると信じる」ことにトライして頂きたいです。

  • 研修バナー (1)

 

 

そして、安全と安心は違います

我々は皆さんの安全を確保するための環境を整えます。けれど、安心を与えるためにはサポートはしません。なぜなら、”トライ”に不安はついてくるから。不安なのは、トライしている一つの証拠です。

  • 参加者のみんなには、”不安でもやってみる”こと
  • 保護者の皆様には「不安でも見守る」「不安でも子供にチャレンジをさせる」こと

    
にトライして頂きます。
    
それが難しいなら、今はタイモブスクールにチャレンジする時じゃないかもしれません。
    
もちろん、それでも「チャレンジしたい」という想いは応援させて頂きたいと思っていますので、力の限り伴走させて頂きます。

 

スクリーンショット 2023-08-28 16.57.34
    

旅のスタンス


  • 「全部やってくれる」はない。基本は、『自分でやる』
  • 必要な情報やインストラクションは必ず伝えます。
  • その上で、疑問があったら自分で調べること。
  • googleで調べてみる
  • それでも分からなければ、タイモブに相談する
    • 相談するときは、「〇〇プログラムに参加する〇〇です」と名乗る
  • 手続きや渡航の準備も全て自分でやってみる
    • 参加の手続き
    • フライトの手配
    • 渡航の準備
  • つながりを自分から作って、助け合う
    • 渡航前から参加者でライングループを作成し、事前研修でface to faceのコミュニケーションを行っていきます。我々は、クランボルツの偶発性理論に見られるような、”予想外の出会い”を大切にしています。その出会いを濃いものにするために、参加者同士の対話やフィードバック、さらには助け合いを尊重します。
  • 同じ参加者と繋がり、助け合いながらトライをしていきましょう!

タイガーモブのプログラムに子供を送った保護者さんからのメッセージ

「息子がプログラムに参加した事は親にとっても子育てのステージ上で忘れられない体験となりました。

学外の友達・教師や親以外の大人の思考に触れる経験を通じて、自立への第一歩を踏み出したように感じます。

準備の段階から帰宅するまで、もちろん心配は尽きませんが、私たち親も成長しなければと聞きなるべく手を出さず見守るよう努力しました。

後から考えるとこれが子離れの第一歩でした。思春期真っ只中での参加でしたが、後の親子の絆へと繋がる大切な過程だったように思います。」

\ 親子参加も大歓迎! /

オンライン説明会お申し込み︎

新しい出会い、やったことのない経験を通じて、自分らしいチャレンジを始める人が増えています!